• crm721

外壁を点検する重要性をご紹介!点検で見つかる劣化のサインとは?

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁は見た目が綺麗でも年々劣化していくことをご存知ですか。

目視では劣化していることに気付きにくいです。


また、外壁だけでなく他の箇所が劣化していることもあるでしょう。

外壁の点検は劣化に気づくためにも必要です。

そこで今回、当社が外壁を点検する重要性をご紹介します。


□点検の重要性は?


住宅の建て替えや住み替えることは費用の面から見ても簡単ではありません。

そのために、住宅を長期間キレイで安全に暮らせるようにすることはとても大切なことでしょう。


また、外壁塗装をすることで外見だけでなく、防衛機能も向上するでしょう。

長年放置することによって、外壁に何らかの障害が生じ、日々の暮らしに支障をきたす恐れもあります。

これらを事前に気付くためにも点検がとても大切です。

では、そのほかの点検の重要性とはどのようなものでしょうか。


*キレイな状態を保つ


外壁をキレイな状態で保つことは、住宅を救うことにもつながるでしょう。

新築のような状態に保つためにも、点検はとても重要です。

定期的に点検を行うことで、外壁の劣化を事前に気付くことができ、劣化がひどくなる前に防げるでしょう。


*定期的な点検が大切


ひび割れや塗膜の剥がれに早く気づくためには、定期的に点検を行うことが必要です。

点検をある程度の頻度で行うことで、大きな住宅被害を防ぐことにもつながるでしょう。


被害が小さいものだと塗装工事を行えば最小限の費用でおさまることができるため、大幅な節約にもなります。

このように、点検をすることは、人が人間ドッグにいくようなことであり、住宅の健康を守る秘訣です。

このように、住宅の寿命を伸ばすために定期的に点検を行う必要があるでしょう。


□点検で見つけられる劣化のサインとは?


定期点検を行うことで、住宅の以上を発見し修復することが最適な方法です。

そこで、自分でも確認できる劣化のサインを2つご紹介するので確認しましょう。


1つ目は、チョーキング現象です。


この現象は、とてもわかりやすい劣化のサインで、外壁に触れると白い粉上のものが手に付着します。


外壁に塗られている塗料の劣化により、手に触れただけで塗料が落ちてしまうためこのような現象が生じます。

チョーキング現象を発見した場合は、速やかに修繕をしましょう。





2つ目は、色あせです。


この劣化サインもわかりやすく、外壁や屋根の色が変化していることで気付くことが可能です。

外壁や屋根は常に紫外線や雨や風の影響を受けるため、時間が経つと劣化します。


色あせの主な原因としては赤外線であり、日々紫外線の影響を受けています。

この状態を放置しすぎると、住宅そのものにも影響をきたすでしょう。





□まとめ


今回は、外壁の点検の重要性をご紹介しました。

定期的な点検はとても重要であり、早く気付くことで費用の軽減にもなります。


また、点検を行う前に自分で劣化のサインを確認してみてはいかがでしょうか。

この他にも外壁塗装時の不安点などがございましたら、彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。