• crm721

外壁塗装でお困りの方はいらっしゃいませんか?外壁塗装の必要性をご紹介します!

最終更新: 11月17日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。



「外壁が傷んできたように感じるけれど、塗装の必要があるのか分からない」



このようにお悩みの方はいませんか。

塗装は外観を良くするためだけに行うものというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

そこで今回は、外壁塗装の必要性を解説します。






□外壁を保護するために外壁塗装は必要!


外壁を塗装する本来の目的は、建物を保護することです。

外壁は外気にさらされているため、雨風や湿気、紫外線、カビ、サビなど様々なものに影響を受けます。


逆に言えば、これらのものから家の中を守っているため、どうしても劣化は免れません。

もし劣化した外壁を放置しておくと、雨漏りや下地の柱の腐食につながりかねません。


そのため、外観のためだけでなく、住まいを保護するために外壁を塗装することが必要でしょう。


程度の差はありますが、外壁の塗り替えは一般的に7年から10年の周期で行うべきだと言われています。


その理由として、建物を保護する役割を担う外壁の表面の塗料の膜には寿命があるからです。


具体的には、新築時に使用される塗料で5年から7年、塗り替え時に使用される塗料で10年程度が寿命でしょう。


日本の住宅の寿命が約30年とされています。

そのため、住宅を建て替えるまでに2回から3回の塗り替えが必要になるでしょう。


□外壁塗装の必要性がないのはタイルやレンガの家


前述のように一般的に住まいは10年ごとに外壁塗装が必要です。

しかし、中には塗装する必要のない外壁材が使われている場合もあります。

そこで、外壁の塗り替えの必要がない場合を3つご紹介しましょう。


1つ目は、外壁材がタイルの家です。

なぜなら、タイルの表面の塗装は不要であることに加えて、タイル自体の耐用年数が30年以上と長いからです。


もしタイルの表面を塗装すると10年から15年で塗膜が傷み、外観が悪くなってしまうでしょう。


2つ目は、外壁材にレンガや石が使われている家です。

レンガの耐用年数は非常に長く、50年以上です。

レンガを塗装した場合、タイルと同様に塗料自体の寿命である10年から15年で劣化してしまうでしょう。


また、レンガは特に長持ちするため、基本的に塗装の心配はしなくても大丈夫でしょう。


3つ目は、サイディング外壁に変えてから8年以内の家です。

サイディングとは外壁材の一種で、一度張り替えれば10年程度持つものが多いです。


塗料の剥離や色あせが発生しなければ、基本的に塗装の必要性はありません。

ただし、例外として木質系のサイディングは傷みやすいため、早めに塗り替えることが必要でしょう。


□まとめ

外壁塗装が必要な理由と例外として塗装が不要なケースをご紹介しました。

外壁塗装の大きな目的は建物を守ることです。

塗り替えは外壁材の寿命に合わせて行いましょう。

お困りごとがございましたら当社までお気軽にご相談ください。


この他にも外壁塗装時の不安点などがございましたら、彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。

最新記事

すべて表示

外壁塗装で失敗しない色分けの方法とは?

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です! 今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。 外壁塗装で失敗したくない、とお考えの方はいらっしゃいませんか。 家の外壁は、見た目の印象に大きく関係するため失敗しないか心配する方は多いと思います。 実は、外壁塗装において色分けは重要なポイントとなります。 そこで今回は、外壁塗装で失敗しない色分けについて紹介します。 □外壁塗装の色分け方法について

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。