• crm721

外壁塗装でメンテナンスが必要になるタイミングとは?専門家が解説します!

最終更新: 5月19日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装でメンテナンスが必要になるタイミングが分からずお悩みの方はいらっしゃいませんか。

タイミングを間違えれば無駄な出費につながるのではないかと不安を感じますよね。

この記事では、外壁塗装におけるメンテナンスのタイミングと、メンテナンスをする際の注意点をご紹介します。




□外壁塗装におけるメンテナンスのタイミングとは?


どのタイミングで外壁のメンテナンスを行えば良いのでしょうか。

外壁のメンテナンスを行う際には、次の2点から判断するとよいでしょう。


・年数で見分ける

・劣化症状で見分ける


見分けて方を知ることで適切なメンテナンスが可能になり、コストも最小限に抑えられます。

ここから、それぞれ2つの点について詳しく解説します。


まず1つ目の年数で見分けることについてですが、外壁の一般的なメンテナンス周期は10年が目安です。

塗料や外壁材の耐用年数からおよそ10年が目安になるのですが、この数字はあくまで目安なので、確実なタイミングについては劣化症状を見て判断する必要があります。


次に2つ目ですが、劣化症状を見分けることでメンテナンスのタイミングを判断します。

以下、代表的な劣化症状を3つご紹介します。

まず1つ目はひび割れです。

下地や塗料が乾燥することで外壁がひび割れてしまう現象です。


2つ目は、塗装の剥がれです。

塗料の耐久性が下がり、剥がれてしまう現象です。


3つ目は、外壁の破損です。

外壁が破損して欠けている現象で、ひどい場合は家の内部がむき出しになってしまいます。


これらのような劣化症状を発見した場合、放置すると高額なリフォームが必要になってしまうため、できる限り早めに処置を施しましょう。


□外壁をメンテナンスする際の注意点とは?


外壁のメンテナンスする際にはどのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか。

ここでは、その注意点を2つご紹介します。


まず1つ目は、DIYよりも施工会社に依頼した方が効率良くメンテナンスできる点です。

外壁のメンテナンスにおいて、DIYはおすすめできません。

自分で行って失敗すると材料費などのコストが無駄になり、場合によってはかえってコストがかかることもあります。

最適なコストできちんとしたメンテナンスを実現するためも、施工会社の専門家に依頼すると良いでしょう。


2つ目は、外壁のタイプに合った手入れをすることです。

外壁の種類によってメンテナンス内容や時期が異なります。

ご自宅の外壁にあったメンテナンスを行いましょう。


□まとめ


今回は、外壁塗装におけるメンテナンスのタイミングと、メンテナンスをする際の注意点をご紹介しました。

外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ご不明点がございましたら、お気軽に彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。


最新記事

すべて表示

外壁塗装の色褪せとは?原因について詳しく紹介します!

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です! 今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。 「建物が古ぼけたように見える」 「外観が薄くなったように感じる」 お住まいのお家を外から眺めて、このように感じたことはありませんか。 建物が古く見える原因の1つに、外壁塗装の色褪せがあります。 この記事では、外壁塗装の色褪せについてと、色褪せしにくい外壁塗装の選び方について解説していきます。 □外壁