• crm721

外壁塗装で後悔しないためのポイントとは?専門家がご紹介!

最終更新: 6月2日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装をご検討中で、後悔しないためにはどのようなポイントに注意すると良いのか分からずお困りの方はいらっしゃいませんか。

塗装工事次第で住まいの印象が大きく変わるため、後悔したくないですよね。

この記事では、外壁塗装で後悔しないためのポイントを、失敗例と合わせてご紹介します。





□外壁塗装でよく起こる失敗例とは?


外壁塗装ではいったいどのような失敗が多いのでしょうか。

ここでは、よくある失敗例を3つご紹介します。


まず1つ目は、塗装がすぐに剥がれてしまったという事例です。

これは外壁塗装で最も多い失敗例で、高額なコストをかけたにもかかわらず短い期間で塗装が剥がれてしまう場合があります。


剥がれの原因としては、洗浄不足や下地処理の失敗、乾燥不足、下塗り不足など様々なものが考えられます。


あまりにも早く剥がれが生じた場合は、施工会社の不手際である可能性が高いでしょう。


2つ目は、塗料の色選びに失敗した事例です。

外壁塗装で色を選ぶ際、事前にサンプルで見た色と、実際に塗装を施した際の色が異なり後悔する事例が少なくありません。


一般的にはサンプルで見る色よりも実際の色の方が薄く感じること、鮮やかな色ほど紫外線に弱く色褪せしやすくなることなどに注意が必要です。


3つ目は、訪問販売員の営業トークに騙されて後悔する事例です。

典型的な訪問販売の営業トークを信じたがために後悔する事例もあります。

訪問販売を行う営業マンは、契約欲しさの営業トークを行う場合がほとんどです。

契約する場合は、必ず一度契約書類に目を通すようにしましょう。



□外壁塗装で後悔しないためのポイントとは?


ここまで、外壁塗装でよくある失敗例をご紹介しました。

では、実際に外壁塗装を依頼する際にはどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。

ここでは、そのポイントを3つご紹介します。


まず1つ目は、外壁をご自身の目で確認することです。

塗装工事中の外壁をご自身の目でしっかりと確認することで、施工不良を防ぎ、後悔しない外壁塗装を実現できるでしょう。


2つ目は、色選びの際にきちんと色を確認することです。

事前に色見本で見た色と実際に塗装した色とでは、少なからず色の印象が異なるでしょう。

後悔しないためにも実際に塗った色を見せてもらい、より理想に近い仕上がりを目指しましょう。


3つ目は、工事に関する書類を入念に確認することです。

料金や施工方法について後々トラブルに発展しないようにするためにも、入念に書類をチェックするようにしましょう。


特に、契約を急がせる営業マンの話には注意です。

契約さえ取れれば、自分の給料が上がるシステムがある以上、どんな手を使ってでも契約を取る!という心理が働きます。


本当にその話が自分にとってメリットがある話なのか?

ご家族で話し合いをする事も必要です。



□まとめ


今回は、外壁塗装で後悔しないためのポイントを、失敗例と併せてご紹介しました。

外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ご不明点がございましたら、お気軽に彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。