• crm721

外壁塗装で臭いが心配な方へ!専門家が対策方法をご説明!

最終更新: 3月27日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


「外壁塗装を行いたいが、臭いが心配でなかなか工事に踏み出せない」


このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

外壁塗装と聞くと、塗料に含まれるシンナーの嫌な臭いを想像する方も多いでしょう。

この記事では、外壁塗装の際に気がかりな臭いの原因と塗装前にできる対策をご紹介します。



□外壁塗装の際に気がかりな臭いの原因とは?


外壁塗装と聞くと、なんとなく嫌な臭いをイメージする方も少なくないでしょう

ここでは、そんな臭いの原因についてご説明します。


塗装工事の際に生じる臭いの主な原因は、外壁補修用の塗料に含まれているシンナーをはじめとした有機溶剤の臭いです。

塗装を行う際、塗料そのままでは塗りにくいため、一度水かシンナーをはじめとした有機溶剤で薄めてから使います。

このとき、水で薄めた塗料を水性塗料、シンナーをはじめとした有機溶剤で薄めた塗料を油性塗料と呼びます。


そのため、実際のケースでは、外壁に塗料を塗る際に臭いが気になってくるでしょう。

特に油性塗料を用いる際には、臭いが強くなってしまいます。


□塗装工事を行う前にできる臭い対策をご紹介!


ここまで、塗装工事の際に気がかりな臭いの原因について解説しました。

臭いに敏感な方の中には、この臭いが原因で体調を崩してしまう方もいらっしゃるでしょう。

では、この臭いに対してどのような対策をすれば良いのでしょうか。

以下では、塗装する前にできる臭い対策を2つご紹介します。


1つ目は、臭いの強くない水性塗料を使用することです。

臭いに不安を抱く方には、水性塗料がおすすめです。

なぜなら、油性塗料と違って有機溶剤を使用しないため、臭いの主な原因となるシンナー臭を抑えられるからです。


ただし、一般的な油性塗料と水性塗料では、耐久面やコスト面で差があります。

耐久面で言えば、水性塗料に比べて油性塗料の方が高性能で、長持ちすると言えるでしょう。

また、油性塗料に比べて水性塗料の方がローコストで、費用を抑えられます。


2つ目は、塗る順番を工夫することです。

施工会社に事前に相談し、塗る順番を工夫してもらいましょう。

塗る順番を工夫して換気できるタイミングを早めれば、家中の窓を閉め切らずに済むため臭いがこもるのを防げます。


□まとめ


外壁塗装の際に気がかりな臭いの原因と塗装前にできる対策をご紹介しました。

臭いが心配で一歩を踏み出せない方は、ぜひ参考にしてみてください。

何かお困りのことがございましたら、彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。


​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。