• crm721

外壁塗装におすすめの時期をご存知ですか?解説します!

最終更新: 1月20日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装で、おすすめの時期やタイミングをご存じですか。

今回は、各季節に行うメリットとデメリットや行うタイミングについてご紹介いたします。



「いつ外壁塗装をすればよいかわからない」というお客様はぜひご一読ください。






□外壁塗装におすすめの季節とは


外壁塗装はどの時期に行うのが良いのでしょうか。

外壁塗装を行う上で、各季節のメリットとデメリットについてご紹介いたします。


春や秋に行うメリットは、気温や湿度が安定していることです。

デメリットとしては、春雨前線、秋雨前線、台風などによって雨になる可能性があることです。


梅雨の時期に行うメリットは、塗装業者の予約が比較的とりやすく、安価に外壁塗装ができる可能性があることです。


一方でデメリットは、梅雨前線による長期的な雨が予想され、工期が長引いてしまう可能性があることです。


夏に行うメリットは、晴れの日が多いため安定して工事ができることです。

デメリットは、台風やゲリラ豪雨の心配があることです。


また、窓を開けられないことからエアコンを使用する必要があることです。


冬は、降雪地域以外は湿度が低いことがメリットとして挙げられます。

デメリットは凍結、降雪の可能性があることです。


外壁塗装に適している時期は、春や秋などの、気温が一定以上で空気が乾燥している季節です。

しかし、気温が5度以下で湿度が85パーセント以上である場合、1年中いつでも塗装できます。


※注意しなければいけないのは、最近では海外製の塗料が発売されていますが、日本の四季独特の環境に対応しきれていない一部の塗料があることです。



□外壁塗装をするにあたってのおすすめのタイミングとは?


では、どのタイミングで外壁塗装をすれば良いのかについてご紹介いたします。


1つ目は、築10年を過ぎたあたりです。


最初の塗り替え工事を10年目くらいに行うことで、美観や建物の保護といった外壁の役割を維持できます。


その後の塗り替え工事は、1回目の塗り替え工事で、どのような品質の塗料を使ったかで決まります。



外壁は毎日雨風や紫外線にさらされています。

そのため、劣化や色あせ、汚れなどが目立ってくるでしょう。

そのタイミングで外壁塗装をすることで、新築のような輝きを取り戻せます。


また、塗料を塗ることで、塗膜ができ、それによって劣化した外壁を雨風や紫外線などの被害から守れます。


また、定期的なメンテナンスを行うことで、建物の耐久性を高められます。

それによって、家の防水性も維持でき、雨漏りなども防げるでしょう。


□まとめ


今回は、外壁塗装のおすすめの時期と行うタイミングについてご紹介いたしました。


各時期によってメリットやデメリットは異なりますので、ご自身のお住まいの地域を鑑みながら一番良い時期を選びましょう。


焦って訪問してきた営業マンに頼むことはリスクも伴いますので、きちんと調べてから契約をする塗装業者を決めましょう!


さらに詳しく専門家に相談したい場合は


彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。


強引な営業や売り込みなどありませんから、安心してご相談していただけます。

最新記事

すべて表示

外壁塗装をお考えの方必見!塗り方ごとのメリットとデメリットとは?

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です! 今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。 外壁塗装をお考えのみなさん、塗り方ごとにメリットとデメリットがあることをご存じですか。 塗装工事では、その塗り方によって必要な作業が大きく変わってきます。 この記事では、外壁塗装で用いられる塗り方の種類と塗り方ごとのメリット・デメリットをご紹介します。 □外壁塗装で用いられる塗り方の種類とは 外壁塗

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。