• crm721

外壁塗装に適した時期とは?専門家が詳しく解説します!

最終更新: 6月2日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


「外壁塗装に適した時期っていつなんだろう」





このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

そもそも最適な時期が存在するのでしょうか。

この記事では、外壁塗装を行う時期とタイミングについて詳しく解説します。

ぜひお役立てください。


□外壁塗装に適した時期とは?


外壁塗装はどの時期に行うのが最適なのでしょうか。

まず前提として、外壁塗装はオールシーズン行える工事です。

この前提の下、それぞれ5つの時期と外壁塗装の相性をメリット・デメリットとともにご紹介します。


まず1つ目は、春と外壁塗装の相性についてです。

春は、気温と湿度がともに安定している点がメリットでしょう。

一方、春雨前線によって雨になり、工事が遅れる可能性がある点がデメリットです。


次に2つ目として、梅雨と外壁塗装の相性をご説明します。

施工会社の予約が取りやすく安い値段で依頼できる点がメリットである反面、梅雨前線によって長雨になる可能性が高い点がデメリットと言えます。


3つ目は、夏と外壁塗装の相性です。

夏は、晴れの日が多くなり作業が効率的に進みます。

一方このようなメリットがある反面、ゲリラ豪雨や台風が通過する可能性がある点、塗装工事中に窓を開けられずエアコンの稼働時間が長くなる点がデメリットとして挙げられます。


4つ目は、秋と外壁塗装の相性についてです。

気温・湿度ともに安定しており、塗装工事が効率的に進むでしょう。

一方このようなメリットに対し、秋雨前線や台風によって雨が続く可能性がある点がデメリットです。


5つ目は、冬と外壁塗装の相性についてです。

雪が降らない地域では湿度が低くなるため、作業が進みやすくなります。

このようなメリットに対して、凍結や降雪によって作業が遅れる可能性があるというデメリットが挙げられます。


□外壁塗装を行うタイミングとは?


ここまで、外壁塗装工事とそれぞれの季節の相性について解説しました。

では、外壁塗装を行うタイミングはどのように判断すれば良いのでしょうか。

ここでは、外壁塗装を行うと良いタイミングについて詳しく解説します。


塗装を行うタイミングは、季節と劣化症状を基準として判断すると良いでしょう。

季節については、季節ごとの相性から判断します。

劣化症状については、次の4つのような劣化症状があれば塗装工事をするタイミングかもしれません。


・チョーキング現象

・ひび割れ

・雨漏り

・外壁の汚れ・カビ・コケ


季節、劣化症状を考慮した上でタイミングを判断することが大切です。


□まとめ


今回は、外壁塗装を行う時期とタイミングについて詳しく解説しました。

外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしみてください。

ご不明点がございましたら、お気軽に彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。