• crm721

外壁塗装のシリコン塗料とは?耐用年数についてご紹介!

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です! 今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


「外壁塗装の耐用年数がどのくらいかわからない。」


「耐用年数が長い外壁塗装の種類を教えてほしい。」


このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

実は、耐用年数が過ぎてしまった外壁は大規模なメンテナンスが必要です。

今回は、耐用年数の定義とシリコン塗料について詳しく解説します。


□耐用年数の定義とは


皆さんは耐用年数が何かご存知ですか。

聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない方も多いのではないでしょうか。


まず、耐用年数とは何か確認していきましょう。

耐用年数とは、メーカーが塗料の耐久テストを行い、一般的な使い方をした場合にどれくらいの期間効果を保てるのかを保証している年数です。


しかし、この耐久テストは室内で行われるため、台風や塩害、さらに豪雨が多い地域では耐用年数よりも早く劣化してしまうでしょう。


このように、耐用年数はあくまで目安であり、すべての環境に共通しているわけではありません。


大まかな目安として、耐用年数は平均して10年から20年とされているため、参考にしてみてください。





□シリコン塗料とは


住宅の外壁塗料としては、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、種類が主流です。

その中でも、多くの実績があるのがシリコン塗料です。

しかし、なぜシリコン塗料が注目されているのでしょうか。

ここでは、シリコン塗料の魅力をご紹介します。


シリコン塗料は、何と言っても費用と耐久性のバランスに優れています。

アクリルやウレタン塗料は約5~7年ほどで塗り替えが必要です。

しかし、シリコン塗料の耐用年数は約10~12年ほどと耐久性に優れているでしょう。


シリコン塗料はアクリルやウレタン塗料に比べると耐久性が高いです。

具体的には、600度前後の高熱にも耐えうるシリコン塗装も存在するほど耐熱性に優れています。

また、水を通しにくいため、湿気や雨によって建材の劣化が進行してしまうことも防ぎます。

そのため、湿気大国の日本でも安心して使用できるでしょう。


さらに、高品質なシリコン塗料は太陽光や紫外線や温度の変化によって変形や変色を起こしにくい耐候性も持っています。


しかし、シリコン塗料には様々な種類があり沢山の塗料メーカーから発売されています。

その為、品質も様々ですので注意は必要です。


初めて外壁塗装をするという方も、シリコン塗料について詳しく説明してくれる塗装業者をお探しください。


□まとめ


今回は、耐用年数の定義とシリコン塗料について詳しくご紹介しました。

耐用年数が長いほど、メンテナンスの回数が減るうえに安心度も高まるでしょう。


この記事を参考にして、ぜひご自身に合った塗料を選んでみてください。


この他の塗料ついてや外壁塗装時の不安点などがございましたら、彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。


​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。