• crm721

外壁塗装の前の下地処理とは?下地処理の重要性をご紹介!

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装工事をお考えの方で、下地処理でお悩みの方はいらっしぃませんか。

下地処理はキレイに塗装するためのとても大切な工程です。


この工程を怠ってしまうと塗装に大きな影響を与えるでしょう。

では、どのような作業で重要な役割を担っているのかご存知ですか。

そこで今回、当社が下地処理の重要性をご紹介します。


□外壁塗装の下地処理とは?


外壁に塗料を塗る前でも、しっかり塗れるように準備することが大切ですよね。

その役割を担っているのが下地処理です。


下地処理を怠ってしまうと、外壁の劣化が早くなったり、長持ちしにくくなったりするでしょう。

外壁を長持ちさせるためにもしっかり下地処理を行う必要があります。

では、下地処理はどのようなことをするのでしょうか。


*高圧洗浄


高圧洗浄とは、機械を使用して水の強い勢いで汚れを洗い流す作業です。

ただ水で洗い流すのではなく、しつこくついた汚れを強い水圧の力を利用して外壁を洗い流します。

簡単に言うとブラシを使わないで、洗うことができる機械だということです。





*コーキング補修(シーリング)


多くの住宅の外壁のパネルとパネルの間には、クッション性と防水機能があるコーキングが施行されます。

乾燥するとゴムのような性質になります。

これが劣化することにより、ひび割れや塗膜の剥がれが起きてしまうことが考えられるでしょう。


それらを防ぐために、新しくコーキング材を入れたり、上から足したりする作業を行います。

これらのコーキング作業が不十分な場合、雨漏りの原因にもなりかねません。


このコーキング処理は、工事の要になる場合がありますので、どのような種類のコーキング材を使うのか?これも重要となります。



□下地処理の重要性とは?


下地処理の重要性については、ご存知の方も少なく、知る機会も少ないでしょう。

そこで、下地処理の重要性についてご紹介します。


*塗料の密着度を向上させる


塗料をキレイに塗るためには、下地処理が欠かすことができないです。

もし、ホコリ、サビ、排気ガスの汚れを落とさないまま塗料を塗ってしまうとキレイな仕上がりになりません。


色にムラが出たり、デコボコした外壁になってしまったりする可能性も考えられるでしょう。

また、きちんと行わないと塗料の密着度が下がり、塗膜が早い段階で剥がれてしまうことがあります。


□まとめ


今回は、下地処理の重要性をご紹介しました。

下地処理は外壁に塗料をきちんと塗るためにとても重要なことです。

この作業を怠ってしまうと、外壁の劣化速度が速くなったり、外壁塗装の周期が早まってしまったりするでしょう。

もし外壁塗装で下地処理についてお困りの方は、この記事の内容を参考にして頂くと幸いです。


この他にも外壁塗装時の不安点などがございましたら、彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。

最新記事

すべて表示

外壁塗装で失敗しない色分けの方法とは?

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です! 今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。 外壁塗装で失敗したくない、とお考えの方はいらっしゃいませんか。 家の外壁は、見た目の印象に大きく関係するため失敗しないか心配する方は多いと思います。 実は、外壁塗装において色分けは重要なポイントとなります。 そこで今回は、外壁塗装で失敗しない色分けについて紹介します。 □外壁塗装の色分け方法について

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。