• crm721

外壁塗装をお考えの方へ!後悔しないための方法を解説します!

更新日:2021年1月20日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装でよくある後悔についてご存知ですか。


外壁塗装は大きな金額がかかるため、後悔しないように行いたいですよね。


そこで今回は、外壁塗装で起こりがちな失敗による後悔と後悔しないための対策法についてご紹介いたします。





□外壁塗装でよくある後悔とは


よくある後悔として主に3つ挙げられます。


1つ目は、自分で作業して失敗してしまうことです。

DIYに慣れていて自身がある方の中には、自身で外壁塗装に挑戦する方がいます。

しかし、外壁は広範囲のため、プロのように均一に美しく塗ることは難しいと言えるでしょう。


もし、ムラができてしまうと、見た目が悪いだけでなく、亀裂や剥がれが起こりやすくなってしまいます。

外壁塗装は自身ですることは難しいので、業者に依頼する方が良いでしょう。


たまに、手の届く範囲だけ塗られているお家を見かけますが、美観を損ねているのがほとんどです。



2つ目は、塗装の色が見本と異なるという失敗です。


見本で見た塗料の色がそのまま外壁の色にはならないことが多いです。


下地の影響や外壁材の相性もあります。

広範囲に塗ることで塗装と見本が違う色に見えてしまうこともよくありますので、注意しましょう。


凹凸が多い外壁材ですと、影が影響して見本より暗く見えたり、白系の塗料を塗った場合はお隣の外壁色が反射して色味があるように見えたりします。



3つ目は、塗装がすぐに剥がれてしまう失敗です。

塗料の乾燥が不十分であった場合などは、塗装がすぐに剥がれてしまう可能性があります。

もし、剥がれてしまった場合はすぐに業者と相談しましょう。



これらの失敗は、業者とのコミュニケーション不足によって起こることが多いです。

そのため、疑問に思ったことや悩んでいることは業者と相談しながら決めるようにすると良いでしょう。




□後悔しないための対策についてご紹介します!


外壁塗装で後悔しないためのコツは、安心できる業者を選ぶことです。

良い業者を選ぶと、トラブルが起こった際にも適切に対処してもらえます。


そこで、良い業者を選ぶポイントについてご紹介します。


まずは、依頼しようとしている業者は一般住宅を得意としているのか、マンションなどを得意としているのか確認しましょう。


また、施工事例を確認し、工事の実績が多い業者を選ぶと間違いないでしょう。

その際、同時に技術力や経験年数についても確認しておくと良いですね。



また、お客様の意見を聞かない業者は危険です。

お客様目線で提案してくれる業者を選ぶことで、お客様と業者の間での相違がなくなり納得のいく工事になるでしょう。




外壁塗装の請負契約を結ぶ際は、必ず契約書の控えをもらっておきましょう。

そうすることで、不当な契約を避けられます。


以上のポイントに気をつけながら業者選びをしましょう。


□まとめ


今回は、外壁塗装でよくある後悔と後悔をしないための対策についてご紹介いたしました。

この記事を参考にし、後悔のないように外壁塗装を行いましょう。

外壁塗装は地元の塗装会社や塗装部のある建設会社などに依頼すると良いでしょう。


彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。