• crm721

外壁塗装をお考え中の方!水性と油性の違いとは?

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装の塗料を、水性か油性のどちらにしようか迷っている方はいらっしゃいませんか。


今回は、外壁塗装を検討中の方のために、水性と油性の違いを詳しく解説していきます。

水性と油性の塗料には、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらがご自身の外壁塗装に向いているのか検討してみましょう。





□油性と水性の違いとは


油性と水性には多くの違いがあります。

それぞれの魅力と注意してほしいポイントをご紹介します。


まず、油性塗料の特徴を確認しましょう。


油性塗料に使用される有機溶剤が強い塗膜を作ってくれます。

そのため、紫外線や雨水といった外的刺激にも左右されない高い耐久性を持ちます。

密着度も高く乾燥が早いため、工期が早く済むのも良いですね。


しかしながら、乾燥の早い速乾性の油性塗料は臭いがきついため、一般住宅でのメンテナンスでは殆ど使われておりません。


それよりも、臭いのきつく無い塗料用シンナーを使う油性塗料が主流となっています。

水性塗料と比較すると値段は高めに設定されていますが、品質によっては水性塗料よりも安い商品もあります。


次に、水性塗料の特徴をご紹介します。

実は、近年水性塗料を採用される方が増加しています。

なぜ水性塗料が人気なのか、その魅力を確認しましょう。


水性塗料の特徴は何と言っても臭いが少ないことです。

シンナーを使っていないため、シックハウス症候群や環境への害も防げるでしょう。

また、一般的には油性塗料よりも安価で取り入れられる点が魅力的ですよね。


しかし、一般的には油性塗料と比較するとやはり耐久性の面で劣ってしまいます。

塩ビや金属部分には密着しにくい性質を持っているため、注意が必要です。

また、低温の環境化では塗れないため、時期によっては工期が長くなる場合もあるでしょう。


また、商品によっては低品質の物も混在しており、職人の技量によっても耐久性が大きく変わるのが水性塗料のデメリットでもあります。


□水性と油性のどちらが良いの


先ほどもご紹介したようにそれぞれ特徴があるため、どちらが優れているかは人によって異なります。

塗る場所の環境や素材によって、塗り分けてみるのも良いですね。

工事を依頼する業者の方との相談をしっかりとすることがポイントでしょう。


□まとめ


今回は、水性と油性の塗料の違いを詳しくご紹介しました。

水性塗料は臭いを抑えられますが、耐久性に劣る物もあるでしょう。

その一方で、油性塗料は高い耐久性を持ちますが、臭いは強いと言えるでしょう。

どちらかが優れていると断言はできないので、しっかりと検討し、ご自身に合った塗料を探してみてくださいね。

この他にも外壁塗装時の不安点などがございましたら、彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。


あなたのお家に合う塗料を提案してくれるでしょう!

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。