• crm721

外壁塗装をご検討中の方必見!工事中の防犯対策について説明します!

最終更新: 3月27日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、工事中の防犯対策です。

塗装工事の最中は、住宅に関わる犯罪のリスクが高まると言われています。

そのため十分な防犯対策が必要になってくるのですが、どのような対策が有効なのでしょうか。

この記事では、防犯対策が必要になる理由と対策方法についてご紹介します。


□塗装工事中に防犯対策が必要になる理由とは?


ここでは、塗装工事中に防犯対策が必要となる理由を実際に発生しうる犯罪の例とともにご説明します。


まず、実際に起こりうる犯罪として盗難が挙げられます。

工事中は、玄関や庭先に置いてあるモノが盗まれるリスクが高まります。

工事中は敷地内を職人が出入りするため、見知らぬ人がいても気にならなくなるからです。


次に盗撮が挙げられます。

工事では、足場が設置されます。

そのため、窓から室内を盗撮しやすくなってしまいます。

夜間に不審者が足場に上ったとしても、暗くて気づけない可能性が高いでしょう。


さらに、住居内への侵入も考えられます。

工事中は、足場が設置されるため住居内への侵入が容易になります。

そのため、誰もいない昼間の時間帯や深夜に泥棒が入りやすくなってしまいます。





□外壁塗装中の防犯対策をご紹介!


ここまでで、塗装工事中に防犯対策が必要になる理由を解説しました。

では、上記の犯罪に対してどのような対策を行えば良いのでしょうか。

ここでは、具体的な防犯対策を3つご紹介します。


1つ目は、外出する際に戸締まりを徹底することです。

空き巣が侵入するケースでは、開きっぱなしの窓から侵入するケースが少なくありません。

外出の際は、職人が作業をしているからといって、窓を開放したままにしないように気をつけましょう。


2つ目は、工事前に工程表をもらっておくことです。

事前に工程表をもらっておくことで、スケジュールに沿った行動ができます。

スケジュールを押さえておけば、外出時に職人さんの出入りとの兼ね合いでトラブルになることを防げるでしょう。


3つ目は、センサーライトの設置です。

センサーライトを設置すれば、泥棒の侵入を未然に防げます。

ライトの設置にはコストがかかりますが、盗難が発生した場合の損失を考えれば一度検討してみる価値はあるでしょう。


□まとめ


防犯対策が必要になる理由と対策方法についてご紹介しました。

工事中はセキュリティが手薄になりがちです。

そのため、外壁塗装を検討中の方はきちんと防犯対策について考える必要があるでしょう。

ご不明点がございましたら、お気軽に彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。