• crm721

外壁塗装工事中に留守をしていても大丈夫!注意点もご紹介!

最終更新: 2020年12月19日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装工事中は留守にしても大丈夫なのだろうか、と思っている方は多いのではないでしょうか。

工事中のトラブルや確認事項、セキュリティーに関しても心配になる方はいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、外壁塗装工事中の留守について紹介します。





□外壁塗装工事中の留守は問題ない


工事期間中に家を空けられないのは不便でしょう。

仕事や買い物など、家から出る機会が沢山あるのは当然です。

そのため、ほとんどの業者は工事期間の外出を了承してくれます。

工事をしていない時に限らず、工事中でも基本的に留守にして大丈夫です。


実際に、家主の留守中に外壁塗装工事が行われることは多いです。

しかし、セキュリティー問題的にも留守にする場合は、一言職人さんに声をかけてから外出するようにしましょう。


□留守にする際に注意しておくべき点について


*立会いが必要な工程を知っておく


外壁塗装工事には、家主が不在では行えない工程が存在します。

例えば、養生をする際の私物移動やトラブル箇所の確認、完成後の完了確認などです。

これらは家主が不在だと作業が行えず、次の工程に進めません。

そのため、少なくとも家主の立会いが必要な工程の日を把握し、空けておくようにしましょう。


*出かける日を前もって業者に伝えておく


皆さんにも、絶対に空けられないスケジュールはありますよね。

そのような場合や、すでに決まっている外出の予定は業者にあらかじめ伝えておきましょう。


家を空ける日を前もって伝えておくと、業者は家主が不在でも実施可能な作業と、立会いが必要な作業を行う日に関するスケジュールを立てやすくなります。


また、緊急連絡先も伝えておくと良いでしょう。

留守中にトラブルが発生してもすぐに電話ができるようになっていれば、トラブルへの対処も早くなります。


対処が遅れると取り返しがつかなくなる場合もあるため、すぐに連絡がつく電話番号を伝えておくのをおすすめします。


*戸締りはしっかりと行う


工事中の戸締りはいつも以上に気をつけましょう。

これは、外部からの侵入を防ぐためだけではなく、業者とのトラブルを防ぐためでもあります。


工事中は家の周りが足場とシートで囲われます。

足場を使えば2階や3階に侵入しやすいですし、シートで身も隠れやすいのです。


また、もし家の中で何かがあった場合、最初に疑われてしまうのは工事を行っていた職人さんです。

業者とのトラブルにも繋がりかねないため、工事中の戸締りはいつも以上に気をつけて行いましょう。


□まとめ


今回は、外壁塗装工事中の留守について紹介しました。

外出するのは問題ありませんが、トラブルを防ぐために注意すべき点をしっかりと押さえて外出しましょう。


更に詳しく知りたい方は↓↓↓

彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。