• crm721

放置は危険?外壁塗装を行う重要性とは?

皆さん、こんにちは。

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です。

今回も塗り替え工事についてのお役立ち情報をお届けさせていただきます。


さてマイホームオーナーの皆さん、外壁の状態は把握されていますか。

築年数が経っている場合は、思っているよりも外壁の劣化が進んでいるかもしれません。


このような場合は現状のまま放置しておくと、外壁だけでなく家本体にもダメージが及んでしまいます。


今回は外壁塗装の重要性についてご紹介します。


□外壁の劣化を放置することの危険性について


まずは外壁の劣化に対処しないで、放置しておくことのリスクについてご紹介します。


一番のリスクは、外壁のみならず建物自体にまでダメージが及んでしまうことです。


外壁にヒビや傷などのダメージがあると、そこから雨水が染み込んで、まずは外壁の防水性が低下していくことを押さえておきましょう。


本来外壁は雨以外にも、風や紫外線などからも家の内部構造を守ってくれていますが、劣化が進むとこの機能が低下してしまいます。


さらにこの状態を放置しておくと、建物の根幹部分にまで影響が出てしまい、結果として外壁のみならず建物自体の耐久年数の減少に繋がってしまいます。




この状態に陥ってしまう前に、できるだけ普段から外壁の状態を観察、把握して早期のうちに外壁のリフォームなど必要な手段を講じてください。


□外壁塗装によって無駄な出費を回避する方法について


上記の通り、外壁の劣化を放置することは家自体にもリスクがある上、さらに金銭的なリスクにも繋がります。


劣化が進んで下地にまで被害が及んでいる場合は、部分補修の場合でも通常塗装の何倍もの値段がかかります。


損傷部分が部分補修でカバーできる範囲であればまだ良いですが、被害が広範囲に及んでいる場合だと、壁全体のリフォームを行う必要が出てくるでしょう。


全面のリフォームは、かなりの予算が必要となります。

計画したリフォームではなく、このように仕方なくリフォームせざるを得ない状態に陥るのを回避するには、上記でも述べたように普段からのメンテナンスが必須です。


使用する塗料や壁材の種類にもよりますが、それぞれの耐用年数を必ず施工時に確認して、数年おきに自宅のハウスメーカーや専門のメンテナンス業者に点検を依頼することで、思わぬ出費を防げます。


□まとめ


今回は外壁塗料の重要性と放置しておくことの危険性についてご紹介しました。

新築で注文住宅を購入予定の方も、将来的なメンテナンスのためにも使用する塗料の特性や耐用年数を確認してから使用してくださいね。


外壁塗料以外にも外壁塗装時の不安点などがございましたら、彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。


塗装のプロが親身になって相談に乗ってくれますよ!

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。