• crm721

塗装ムラが原因で起こるトラブルを防ぐためには?外壁塗装の専門家が解説します!

最終更新: 2日前

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


外壁塗装をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、塗装ムラについてです。

外壁塗装では、塗装ムラが原因でトラブルが発生する場合があります。

では、そんなトラブルに対してどのような方法で対処すると良いのでしょうか。

ここでは、塗装ムラ生じる原因と、それによって生じるトラブルの対処法をご紹介します。





□塗装ムラが生じる原因とは?


外壁塗装で塗装ムラを見つけた場合、放置すると耐用年数に悪影響を与えてしまいます。

では、塗装ムラはいったいなぜ発生してしまうのでしょうか。

ここでは、塗装ムラの原因となる代表的な要素を3つご紹介します。


まず1つ目は、下塗り段階での問題です。

外壁塗装では、3回塗りが基本です。

外壁の洗浄や下地処理を済ませた後に下塗りを行うのですが、この下塗りが十分でないとその上に施した塗装が下地に染み込んで色ムラの原因となるのです。


2つ目は、中塗り・上塗り工程での問題です。

中塗りでは、防汚性や防カビ、防水性といった、塗料の特性が生きるように十分な厚みを持たせて塗布します。

このように厚く塗ることからどうしてもムラが生じやすくなるのです。


そこで、このムラを補正するために上塗りが不可欠になります。

中塗りよりも薄く塗装することで美しく仕上げる工程です。

この工程で、中塗りに比べて薄い色を使えば色が透け、色ムラの原因になることがあるのです。


3つ目は、乾燥不足です。

乾燥時間が不足すれば、色ムラの原因になります。

外壁洗浄をした後や塗料を塗布した後に雨などが降って外壁が濡れた場合、十分に乾燥させなければ色ムラの発生原因となるのです。


□塗装ムラによって起きるトラブルの対処法とは?


塗装ムラを発見した際、どのような対処が必要になるのでしょうか。

塗装ムラを見つけたら、まずは塗り直しが必要かどうかを確認しましょう。

誰が見ても明確な塗料の剥がれやひび割れといったトラブルと異なり、塗装ムラには指標となる明確な基準が存在しないため、施工会社と依頼主の間で意見の相違が生じやすくなります。

どうしてもムラが気になり、仕上がりに納得できない場合は一度施工会社に問い合わせてみましょう。


また、あまりにも深刻な塗りムラを発見した場合は、すぐに報告することが大切です。

仮設足場を撤去した後に塗り直しすれば、足場設置費用を請求される可能性があるからです。

少しでも気になる部分があれば、できる限り早めに行動するようにしましょう。


□まとめ


塗装ムラが発生する原因と、それによって起きるトラブルの対処法をご紹介しました。

外壁塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ご不明点がございましたら、お気軽に彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。