• crm721

外壁に塗る無機塗料と有機塗料の違いって何?

皆さん、こんにちは。

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です。

今回もお役立ち情報をお届けさせていただきます。

よろしくお願いします!


さて不動産をお持ちの皆さん、外壁塗料にご関心はありますか。

外壁塗装を検討される際には、無機塗料と有機塗料の違いを知っておかれると良いでしょう。

塗料の種類の違いを理解しておくことで、自分が思っていた通りの外壁塗装を行えます。

今回は無機塗料と有機塗料の違いに関してご説明します。





□そもそも無機塗料って何?


まずは無機塗料の特性をご説明しましょう。

無機塗料の原料は、石やレンガ、ガラスなどの無機物を原材料とする塗料のことです。


これらの無機物は炭素を含んでおらず、紫外線による劣化が起こりにくい特性から半永久的な耐性を持っていますが、この状態では固すぎて塗料として使えません。


そのため、無機塗料として使用する際には有機物を混合させて作り、無機物の特性である耐久性を生かしつつ塗料として使える状態にします。


注意する必要があることは、無機塗料の中にも様々な品質の製品があることでしょう。

無機塗料の明確な定義というものは定められていないので、悪質な業者が無機物の含有量が少ない粗悪な塗料を勧めてくる場合もあります。


外壁塗装に使用する際には、必ずその無機塗料の成分と効能を業者さんに確認しましょう。


□無機塗料と有機塗料で外壁にとって何が違うの?


続いて無機塗料と有機塗料の違いについてご説明します。


無機塗料の材料は上記の通り無機物を含んでいますが、有機塗料は有機物の合成樹脂を原料とします。

名前は違うものの、どちらも有機樹脂を使用しているため、有機塗料の中で無機物を原料として含んでいる塗料が無機塗料という別カテゴリーとして分けられているという風に理解しておくと良いでしょう。


次にそれぞれのメリットとデメリットについてです。


無機塗料を使用した場合、耐久性がフッ素塗料よりも高い。変色がしづらい、燃えにくくなったりするというメリットはありますが、より多くの予算が必要になる、塗料の品質の良し悪しが分かりづらい、業者さんの技術によっては塗料の特性を生かしきれないなどのデメリットも存在します。


一方で有機塗料のメリットとしては、ひび割れにくいことや幅広い価格帯のものから選べることがありますが、紫外線による被害を受けやすい、変色しやすい、火事に弱いなどのデメリットがあります。


これらのメリットとデメリットを理解して、自分のニーズに合ったものを選んでくださいね。



□まとめ


今回は無機塗料と有機塗料の違いをご説明しました。

それぞれの特性を知っておけば、実際に外壁塗装を検討する際も的確な判断ができるでしょう。

この他にも外壁塗装時の不安点などがございましたら、彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。

塗装のプロが親身になって相談に乗ってくれますよ!

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。