• crm721

外壁塗装の火災保険についてご存知ですか?解説します

最終更新: 3月8日

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です!

今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。


みなさんは外壁塗装に火災保険が適用されることをご存知でしょうか。

あまり知らない方もいらっしゃることと思います。

この記事では外壁塗装と火災保険についてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。





□外壁塗装には火災保険が適用される?


火災保険の対象の範囲は、火災に限定されず落雷や風雨のような自然災害もあります。

そのため、そのような自然災害によって外壁に損害を受けた場合は火災保険が適用されるのです。

大きな被害を受けた場合だけでなく、外壁塗装をするだけで済むような場合にも適用されます。

ただし、自然災害の中でも地震による被害の場合は火災保険では対応できないので注意が必要です。


自然災害によって外壁が被害を受けることもあると思いますから、火災保険に入っておくと便利ですね。


□外壁塗装で火災保険を使用する際の注意点について


次に、火災保険を申請する際の注意点についていくつかご紹介します。


1点目は、申請期間内に申請することです。

火災保険では被害時から申請までの期間が決められています。

その期間を過ぎると保険金がもらえないので、申請を考えている際は確認しておくようにしてください。

一般的には、申請期間は被害を受けたときから2年から3年ほどと言われています。


2点目は、保険会社の判断によっては適用されない場合があることです。

火災保険が適用される自然災害が原因の損傷なのかどうかは、保険会社の調査によって判断されます。

そのため、塗装業者の施工ミスなどによる損害がある場合は、もしその箇所が自然災害によって被害が拡大したとしても保険の対象とはなりません。


3点目は、損害箇所の写真を撮っておくことです。

損害箇所の写真を撮っておくと、判断がしやすく調査も効率よく進みます。

場所と症状が分かりやすいように撮っておくとなお良いですね。


4点目は、補償金額の最低金額があるか確認することです。

火災保険では補償される金額の最低額が決まっている場合があります。

見積もり金額がその最低額を下回る場合は、保険金は一切受け取れません。

あらかじめ火災保険の規定についてよく確認しておきましょう。


□まとめ


この記事では外壁塗装に適用される火災保険についてご紹介しました。

自然災害などによる損害を受けた場合は火災保険を利用すると良いですね。

ただ、利用する際は上記の注意点には気を付けてください。

何かご不明な点がございましたらお気軽に彩職建美の塗装やさん各店舗までご相談ください。



最新記事

すべて表示

外壁塗装をお考えの方必見!塗り方ごとのメリットとデメリットとは?

彩職建美の塗装やさんブログ担当の久保田です! 今回も皆様に有意義な情報をお届けさせていただきます。 外壁塗装をお考えのみなさん、塗り方ごとにメリットとデメリットがあることをご存じですか。 塗装工事では、その塗り方によって必要な作業が大きく変わってきます。 この記事では、外壁塗装で用いられる塗り方の種類と塗り方ごとのメリット・デメリットをご紹介します。 □外壁塗装で用いられる塗り方の種類とは 外壁塗

​彩職建美の塗装やさん 運営本部

Tel: 080-7888-2478

Email: info@saishokukenbi.biz

319-2135

茨城県常陸大宮市石沢1175-1

​(株)冨山塗装内

© 2019-2020 by Saishokukenbi-Painters Headquarters

無断複製・ 無断転用を禁止します。

お問い合わせは下記よりお願いします。

施工に関するお問い合わせは、各店舗へお願いします。