消費税増税後の塗り替え業界

様々な憶測や情報が飛び交っていましたが、何もなかったかのように消費税が10%となりました。


2014年4月の増税時よりも、塗装業界自体は混乱は無かったかのように感じますが、来年の2020年のオリンピックを皮切りに、消費の減退も懸念されています。


そんな時には、決まって新しいような営業方法が拡散し、お得感をあおりながら、高級感を前面にだしながら契約を取る営業会社が現れます。


塗装塗り替え工事をはじめ、リフォーム工事を行う際は、地元に密着した会社を数社候補に挙げるのが、成功率をあげる方法です。